W5YI-SAPPORO Team FCC Amateur Radio License Examination

How to study

お知らせ:
2016年7月1日からElement4(Extra)の試験問題が変わりました。
2015年7月1日からElement3(General)の試験問題が変わりました。
2014年7月1日からElement2(Technician)の試験問題が変わりました。

お知らせ:2007年2月23日以降、モールスの試験は無くなりました。

 日本で受験できるアメリカFCCアマチュア無線のクラス

Technician Class - 入門のクラスで、使える周波数は、HFの一部のCW,RTTY,data と主に28MHz以上のアマチュアバンド144MHz/430MHzそして日本では、割り当てのない220MHzなどの200Wまでの運用が可能な資格です。試験には35問の4択問題が出題されます。合格ラインは、26問以上の正解で、10問以上間違えると不合格です。                 日本の試験と違い、全て次の既出問題(QuestionPools)の中からだけ問題がコンピーターにより作られます。
ですから下記の問題を全て暗記すると、確実に合格できます。初めて受験される方は、Technichan clasaから順番に受けていかなければなりません、日本の試験の様にいきなり2級アマ、1級アマを受験できません。

Technician Pool - For use on or after July 1, 2014:

試験ではクェツションプールの中から100%、35問コンピューターにより選択出題されます。

General Class - 中間に位置する資格で使える周波数は、28MHz以下のHF帯を含む.ほぼ全てのアマチュアバンドでの1500W以下の運用が可能です、世界中のアマチュア局との交信が可能です。試験は、35問の4択問題が出題されます。合格ラインは、26問以上の正解で、10問以上間違えると不合格です。General Pool — For use on or after July 1, 2015:クェツションプールは、462問有ります、試験では100%その中から35問コンピューターにより選択出題されます。

NOTE: The General class question pool contains one schematic diagram.

Extra Class - アマチュア最上級の資格で、許されている全てのアマチュア無線の周波数での1500W以下での運用が可能です、合格にはこの試験に合格する前に、Technican Class そしてGeneral Class に合格する必要があります。試験は、50問の4択問題が出題されます。合格ラインは、37問以上の正解で、14問以上間違えると不合格です。Extra Pool - For use on and after July 1, 2016: (plain text files) クエッションプールは、712問有ります、試験では100%その中から50問コンピューターにより選択出題されます。 Separate PDF files of the questions and graphics (Acrobat Reader が必要です):              

[現在有効なQuestion Pool]

Element2 :2014.07.01 -2018.06.30  Technican
Element3 :2015.07.01 -2019.06.30  General
Element4 :2016.07.01 -2016.06.30  Extra
Fcc試験の勉強法 by phase sapporo

—————————-

次のページ »

HTML convert time: 0.463 sec. Powered by WordPress ME.